【Nintendo Switch】ダウンロード版でゲームを買う「メリット・デメリット」

ども、ざいりょーです。

 

みなさんは、Switchのゲームは、ダウンロード版で購入していますか?人によっては、ダウンロード版を買う理由が分からないという方もいらっしゃると思います。

なので今回は、Switchのゲームを購入するときに覚えておきたい、ダウンロード版でゲームを買う「メリット・デメリット」を解説していきます!

良いところ

まずは、オンラインショップでゲームをダウンロードして遊ぶ、ダウンロード版の良いところから紹介していきます。

  • 持ち運びやすい
  • カセットを入れ替えずに済む
  • ゲームを失くさない
  • ゲームショップに行かなくていい

持ち運びやすい

ダウンロード版は、ゲームをそのままSwitch本体にダウンロードして遊ぶので、大量のゲームを簡単に外に持ち運ぶことができます

例えば、旅行をするときは、あまり荷物が多くない方が楽しめますよね。そこで、休憩したときにSwitchを取り出すと、ゲームが10本だろうが100本だろうが、全てのゲームを遊ぶことができるんです。

ダウンロード版は、ゲームカセットが荷物にならないので、外にSwitchを持ち運ぶことが多い方におすすめです。

ゲームカセットを入れ替えずに済む

ダウンロード版は、先ほども言った通りSwitch本体にゲームをダウンロードするので、Switchの電源を付けただけで、ダウンロードした全てのゲームを遊ぶことができます

 

なので、毎回ゲームカセットを入れ替えなくて済むんです

購入したゲームが増えていくと、カセットをパッケージから取り出して、カセットを本体に差し込んで、元々本体に差し込んであったカセットをパッケージに戻して…などと、超面倒くさい作業を毎回することになります

ですが、ダウンロード版だと、全てのゲームがSwitch本体にダウンロードしてあるので、この面倒くさい作業をする手間が省けます

ゲームを失くさない

ゲームが増えていくと、管理が大変ですよね。しかも、ちゃんと管理していないと、どこかへ失くしてしまうことだってあります。

最近のゲームは高額になっているので、失くしてしまうと1万円近くする物を失くしたことになります

ですが、ダウンロード版だと安心。全てのゲームが本体にダウンロードしてあるので、いちいち管理する必要もありませんし、失くしてしまうこともありません

ゲームショップに行かなくていい

ダウンロード版は、新作が発売されるたびにゲームショップに買いに行かなくても、ニンテンドーeショップで気軽にダウンロードできるので、すぐにゲームを遊べます

寒い時期などは、新作ゲームが発売されたけど、こたつから出たくないときがありますよね。

そんな時に、ダウンロード版にすれば、Switchを手に取ってインターネットに繋ぐだけで買えますし、こたつでぬくぬくしながらゲームを楽しむことができます

ゲーマーにとって最高なこと、他にありますか?(笑)

悪いところ

今度は、ダウンロード版を買うときのデメリットを解説していきます。

  • SDカードを買わなければいけない
  • インターネットに繋がなければいけない
  • 中古で売れない

マイクロSDカードを買わなければいけない

Switch本体の容量は、約32GBしかありません

ですが、もしもダウンロード版の「ゼルダの伝説 BotW」を購入すると、およそ3分の1の容量が使えなくなります

つまり、容量の大きいゲームをSwitch本体だけでダウンロードすると、3本くらいしかダウンロードできないのです。

なので、沢山ゲームをダウンロードしたいのであれば、マイクロSDカードを買わなければいけません

もちろん、大容量のマイクロSDカードを買おうとすると、ゲームが1本分くらいの値段になるので、普通にゲームを買うよりもお金がかかるんです

まあ、一度マイクロSDカードを購入してしまえば、色々なゲームをダウンロードできるようになりますが、ケチって容量の少ないマイクロSDカードを買うとすぐに容量不足になるので、結局パッケージ版を買うよりもお金がかかることになります。

 

どれくらいの容量を買えばいいのか分からないという方は、こちらの記事をご覧ください。

【Switch】マイクロSDを買うなら64GBは必須【失敗談】

インターネットに繋げなければいけない

ダウンロード版のゲームはインターネットからダウンロードするので、Switch本体をインターネットに接続しなければいけません

なので、インターネットが使える環境でないと、ダウンロード版のソフトは買えないんです。

もちろん、一度ダウンロードしてしまえば、インターネットに繋がなくてもゲームを遊べますが、インターネット環境がない場合はダウンロードすらできません

しかも、ポケットWi-Fiなどの低速度のルーターを使用すると、ダウンロードにかなり時間がかかってしまいます

中古で売れない

ゲームを買うと、いくつかクリア済みのゲームが出てきますよね

俺は、本当に要らないゲーム以外は売らない主義なのですが、「遊び終わったらすぐにゲームを売りたい」という方もいらっしゃると思います。

そんなときに、ダウンロード版だと、ゲーム単体では売れません

売ろうとすると、そのゲームをダウンロードしているSwitch本体も、一緒に売ることになります

さらに、「本体も一緒に売ってもいいけど?」という場合も問題があって、ダウンロードしたゲームは、そのダウンロードしたニンテンドーアカウントが所有しているということになるため、ニンテンドーアカウントをSwitch本体からログアウトしてしまうと、そのダウンロードしたゲームは遊べなくなります

 

なので、ダウンロード版はどうやっても中古では売れないんです

まとめ

今回はこんな感じで終わりたいと思います。

ダウンロード版は、一見すると良いところ(メリット)しか見えませんが、実は注目してみると、悪いところ(デメリット)もいくつか出てくるんです

ダウンロード版にしようか悩んでいる方は、この記事を参考にして、よく考えてから購入するか決めてください

 

では、また次回お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。