【批評】なぜ今の時代に『moon』はクソゲーと言われるのか

ども、tabito(@gamer_tabito)だ。

 

先日評価した「moon」を、今度は批評していきたい。


最初に

一番最初に言っておくが、この記事を読む前に評価した時の記事を読んでほしい。二つで一つのハッピーセットみたいな記事にしているから、評価した記事を読まないと批評の話についていけないかもしれない。

【評価】Switchで蘇った伝説のアンチRPG『moon』

 

基礎知識

moonの基礎知識を説明したいと思う。あ、わざわざ同じゲームの基礎知識を書くのが面倒くさいから、まえに評価した時の記事からコピペする。

moonは、アンチRPGとして有名になった作品で、その名の通りRPGで当たり前となっているものの真逆を貫いたゲームとなっている。そのため、ちょっととがっている世界観が特徴だ。

 

ゲーム好きの少年である主人公は、とあるゲームの世界に迷い込んでしまった。そしてそこは、情がない勇者がアニマル(モンスター)を殺しまくっている「ムーンワールド」だった。主人公の目的はラブを集めること。勇者に倒されたアニマルのタマシイを救ったり、キャラクターの願いを叶えてあげたりするとラブがゲットできる。そして、主人公はまた一つレベルアップする。

 

暇な時間をプレイヤーに与える

このゲームは、面白いけれど暇な時間が多いゲームだ。

以前の評価で、俺はこのゲームを「ゆっくり時間をかけて攻略する」ゲームだと言った。その理由が少し分かりにくかったため、理由を付け足そう。

 

その理由とは、ある一定の場所に留まらなければいけないシーンが多くあるからだ。今のゲームは、プレイヤーを飽きさせないように常時キャラクターを操作させるようにする。つまり、物を沢山詰め込んでいる。だが、moonは違い、ある時間まで待たないと発生しないイベントがあるのだ。

 

イベントが発生するまで待っている間も、何もすることができない。ただテレビを見つめて、特定の時間になるまで待ち続ける。でないと攻略することができない。今考えたらとんでもないことだ。プレイヤーに何もせずに画面を見つめておけと開発者が言っているようなものだ。

 

これを、エンディングを見ることができるまで何度も繰り返す。これをレトロゲームだと思って遊べばまだマシなのかもしれないが、何も知らずに遊んだ人はひとたまりもないだろう。特にSwitchで手軽にダウンロードができる以上、このゲームの悪い点を知った上で遊ばなければいけない。

 

途中で意味が分からなくなる

正直な所、集中して遊ばないと何が目的なのかがよく分からなくなってくる。RPGのように、今はどんなお願い事を受けているのかなど、確認したい事が確認できない。色々試して、正解のアクションを起こさなければいけないのだ。

さらに、これが先ほど説明した、「ある場所で特定の時間まで待たなければいけない」という内容と合わさることで、正解が非常に見つけにくくなっている。

 

そのため、物語に何の進展もなく、数時間が過ぎていることもある。まるで昔のクソゲーを遊んでいるみたいに、何のヒントも与えられていないのに、正解する保証のない試行錯誤を繰り返しているかのような気がしてくる。

 

今のゲームだったら、各部分にストーリーのムービーシーンなどが入って、今までの物語を軽くおさらいしてくれる。だが、moonの場合はそんなイベントは一切なく、一見物語の進行に全く関係なさそうなイベントもある。さらに、そこで発生したイベントはどのような意味だったのかということさえ伝えてくれない。

 

つまり、ほぼプレイヤーに任せっぱなしのゲームなのだ。

 

人を選ぶゲームだ

結局、moonは人を選ぶゲームだと感じる。物語やシステムからして、完全に尖っているのだ。今は世の中に溢れるほどある(かもしれない)アンチRPGだが、moonが発売された当時はそんなゲームは無かった。だからこそ、このゲームは世間に通用したのだと思う。

俺は、こういう変わったゲームを実際に遊んでみたり、調べてみたりするのが好きだから記事で評価できたのだと思うが、もしも俺がただただゲームを遊んで満足したい人間だったら、moonをクリアするどころか物語の序盤で難しすぎてクソゲーに認定していただろう。

 

そして、さっきから暇だとか目的が分からなくなるとか言っているが、結局は難しいという結果に至る。大体クソゲーって奴は理不尽さが原因だとか言われているが、結局は難しい。

 

だからこそ、プレイヤーのことを最後まで考え抜いたゲームが世の中に出回っている今の時代には、moonは通用しないのだ。

 

まとめ

最後に、moonはどんなゲームなのかを一言で説明したい。

 

moonは、昔は無理ゲーだったからまだ評価はマシな方だったが、現在はクソゲーとしか言いようがないゲームだ。

 

それを知った上で、もう一度この評価した記事を読んでみてくれ。moonに対する理解が深まるはずだ。
【評価】Switchで蘇った伝説のアンチRPG『moon』

 

じゃ、またな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。