【評価/感想】『スーパーマリオ オデッセイ』やっぱり箱庭マリオは神ゲーでした。

ども、ざいりょーです。

 

今回は、新作が出てくるごとに驚かしてくれるアクションゲームの「スーパーマリオ オデッセイ」をレビューしていきたいと思います!

  • 機種:Nintendo Switch
  • 発売日:2017年10月27日
  • メーカー:任天堂
  • ジャンル:アクション
  • プレイ人数:1~2人
  • 価格:5,980円(税抜)
  • 対象年齢:CERO B

新アクションは帽子を投げる!

毎回のように新アクションが登場していますが、今作にも新アクションはもちろんあります。

なんと、今作ではマリオの帽子を投げられるようになりました!

物語冒頭に、クッパにやられたマリオは「キャッピー」という帽子のような形をしたキャラクターに助けられます。

そして、そのキャッピーが、バラバラになったマリオの帽子に乗り移り、帽子を自由自在に投げられるようになったのです。

さらに、帽子を特定の敵キャラクターや物に投げつけると、マリオ自身がその投げつけたものに乗り移って、操作することができる「キャプチャー」という新アクションも行えるようになりました!

キャプチャーをした敵や物は、目がクリクリになり、マリオのチャームポイントであるヒゲが付きます(笑)しかも、ただヒゲが付くのではなく、敵によって細かな違いがあるので、注意してみてみるととても面白いデザインに仕上がっています。カービィのコピー能力みたいです…。

さらにこのゲームは、他のゲームとは違って、プロコンを使うよりもJoy-Conを使った方が何倍も楽しめます。

帽子はコントローラーのボタンを押すことで投げられますが、Switch本体に最初から付属しているJoy-Conを使うと、Joy-Conを振ることでゲーム内でも帽子を投げることができます。

振る角度を変えるとマリオが帽子を投げる方向も変わりますし、両方のJoy-Conを横に振ると、投げた帽子がマリオの周りをぐるぐる回って敵を一掃することだってできちゃいます。

なので、実際に自分がマリオになったかのようにゲームを楽しむことができるんです。

これは、開発者はかなり力を入れて作ったアクションだと思いました。だって、Joy-ConはSwitch1台に2個付いているので両手に持つことができますし、付属品のストラップを腕につけてJoy-Conを持てば、安全にJoy-Conを振ることができます。さらに自分がゲームの主人公になりきって楽しめる。

こんな最高のアクション、今までありました?

64から何十倍も進化した箱庭

今作は、スーパーマリオ64と同じ、箱庭のような立体のステージを縦横無尽に駆け回れる「箱庭探索型3D」というジャンルに区別されていて、そこにもう1つの世界があるように思わせてくれるほどのステージの作り込みが魅力的です。

スーパーマリオ64が発売されてから今作が発売されるまでは20年以上もの間があるので、今作の箱庭は、20年前とは比べものにならないほど、細部まで磨き上げられていました。

まず、ステージはかなり広く、高低差が激しいです。が、そこにしっかりと遊びが詰め込まれているんですね。

例えば、建設中のビルの鉄骨を渡って進んでいったり、通常では潜れないほどの深さの場所にプクプクにキャプチャーして行くことができたりと、そのステージの個性を生かした遊びが様々な所に散りばめられています。

ステージにあるオブジェクトにも、細部までこだわった作り込みがありました。

観光スポットにはクッパのポスターが貼って実際にはがすことができたり、消火器めがけて帽子を投げると水が噴き出たり、信号がハテナブロックのマークに変わっていたり、ステージによって飛んでいる鳥のデザインが微妙に異なっていたり etc…

その作り込みを感じるポイントを語っているときりがないほど、プレイヤーに遊びと驚きを与えてくれる要素が詰め込まれていました。

もちろん、今作の目玉である帽子投げの活用場面も多々あり、帽子投げとジャンプなどの従来のアクションを組み合わせて進んでいくアスレチックも用意されていました。

今作は様々な国を冒険していくのですが、国の数は15以上あるため、この全ての国に遊びが詰め込まれていると思うと、一体開発者はどれだけの苦労をしてきたのだろうと心配になってくるほどです。

シリーズファンをにやにやさせてくれる

今作は、シリーズファンをにやにやさせてくれるポイントが沢山登場します。

例えば、今作はお店でマリオの衣装を変更できるのですが、どれもがどこかで見たことがあるような衣装ばかり。「スーパーマリオメーカー」などの最近の作品のオマージュから、今の子どもはなかなか聞くことがないであろう「サテラビュー」の広告ポスターに載っていたマリオのオマージュまで、かなりマニアックな内容となっています。

あまり知られていないゲームからのオマージュだったりするので、全部の衣装の元ネタが分かったら、マリオ博士と言っていいほどです。

さらに、旅の途中にニュードンクシティーに寄るのですが、その都市の市長は初代「ドンキーコング」に登場したヒロイン役の「ポリーン」なんです!市長がドンキーコング出演者だったこともあるのか、所々にある看板には、ドンキーコングシリーズに出てくるキャラクターの名前が書かれています。

マリオは子どもでも楽しめるようになっていますが、こういったおっさんでも楽しめる工夫がされている所が、また良いですよね(俺は子どもですが)

キャラクターはどれも個性豊か

マリオと言えば、コミカルなキャラクターたちが特徴ですよね。

 

今作の各ステージには、様々な種族のキャラクターが登場します。砂漠だと、ガイコツの様な格好をしている種族だったり、湖だと人魚の様な格好をした種族だったり、その国の印象に合った格好をしています。

敵キャラクターも同じように、国によって特徴が異なります。同じ敵キャラクターでも、登場する国によって格好が変化するので、そこも見所です。

さらに、今作にはコミカルなキャラクターだけではなく、少しリアル路線のキャラクターも登場します。

例えば、ピラミッドのあるエジプトにはスフィンクスがいますが、ゲーム内にもそのまんまの格好のキャラクターがいたり、超リアルなティラノサウルスまで登場するんです!

さらに凄いのが、マリオの世界にリアルなキャラクターがいても、全く違和感のないところです。普通だったら、リアルなキャラクターだけ周りから浮いていますよね。けれど、コミカルなキャラクターとリアルなキャラクターを横に並ばせてみても、違和感を感じないんです。

違和感を感じない理由は多々あると思いますが、俺は物語冒頭からティラノサウルスを登場さて、今作の印象に「リアル」が加わったおかげだと思いました。

これらの様々なキャラクターにキャプチャーして実際に動かせるのも今作の魅力で、キャラクターによって行えるアクションが全く異なるので、初めて見たキャラクターには必ずキャプチャーしたくなるようになっています。しかも、一目見るだけでどんなことができるのかが分かってしまうデザインになっているんです。

もっと色々なキャラクターを見て、実際に動かしてみたいという好奇心から、どんどんゲームにのめり込んでしまうんですね。なので、そうとうな理由がない限り、エンディングまで猛ダッシュで遊んでしまうはず。

今作には歌がある!?

マリオの音楽と言えば「テテテッテテッテ♪」というBGMが思い浮かぶかもしれません。ですが今作には主題歌があり、ちゃんと歌詞もついているんです!

この主題歌は「Jump Up, Super Star!」という曲名で、先ほど紹介したポリーン市長が歌っているという設定になっています。スーパーマリオオデッセイのパッケージの内側には、ポリーン市長とこの曲の歌詞が印刷されています。パッケージに印刷されるほど、この曲が今作の全てを語っているということが分かります。

「マリオだから、どうせ子ども向けの歌でしょ。」って思った方、残念!これ、かなり本格的なボーカル曲になっています。まだ疑うならば、この動画を見て、実際に聞いてみてください。

この曲、良くないですか!?この曲を聞くと、なんというか…元気が湧き出てくるんです!

主人公の「マリオ」という言葉を歌詞に入れているわけではありませんが、「Jump」というマリオの代名詞でもあるアクションの名前を歌詞に使っているうえに、所々でマリオを意識したようなフレーズも入っているので、普通のボーカルとしても楽しめますが、マリオの主題歌としても楽しんで聞くことができるんですね。

「楽しい曲だけれど、英語だとどんな意味か分からない…。」とお困りのあなた!ちゃんと日本語バージョンもあります!まあ、歌詞の意味は異なりますが、こちらもしっかりとした曲に仕上がっているので、両方のバージョンを聞き比べるのも面白いですよ。

あの「テテテッテテッテ♪」という機械音から、マリオの曲はここまで進化したということを考えると、時代の流れを感じます…。

 

Let’s do the odyssey!

旅のワクワク感を与えてくれる!

歌が旅を孤独から解放してくれますが、各国を旅行しているかのように、今作は遊ぶことができます。

まず、旅の付き物と言えば写真ですよね!今作には、Switchのキャプチャー機能を活用した、スナップショットモードが存在します。

このモードは、ゲーム中に自由に開くことができ、モードに入るとゲーム内の動きがストップします。なので、カメラワークを自由に変更したり、フィルターを変えて全く別の雰囲気にしてみたり、今作のロゴを表示させてみたりと、自分のオリジナルの写真を撮影することができます。

ゲームがどこまで進んだのかを写真に収めて自慢することもできますし、ゲーム内の絶景を何枚も撮影して鑑賞したりと、まるで実際に旅行したときの思い出を振り返っているかのように楽しめます。

さらに、旅の途中にお店によると、その国ならではの置物や、様々な国を移動するために使うオデッセイ号に貼るステッカーなどの、お土産を買うことができます。

そして、そのお土産はオデッセイ号にどんどん積まれていくため、シンプルだったオデッセイ号が次第にゴージャスになっていくところも見ていると、旅の充実感と面白さを感じます。

旅の楽しさをプレイヤーに感じさせながらも、ゲームを進めていくことの面白さを一緒に感じさせるこの設計…。く~!さすが任天堂!

マリオの顔にも注目

新作が出るごとに必ずと言っていいほど注目されるのは、マリオの顔です。

どんどん顔の表現がリアルになって、毎回「前作とどこが違う?」と確かめてしまうほど、恒例の行事となっています(笑)

今作のマリオは、率直に言うとカッコいいです!

顔のパターンがかなり増えたので、しっかりとした場面ではキリッとカッコいい顔になり、ノリノリのときはいつものマリオらしいニコニコした顔になり、ミスったときは目を真ん丸にして驚いた顔で画面外に消えていったりと、マリオの人間性を感じ取れるようになりました。

今作は、帽子投げで、普段はあまりお目にかからないマリオの髪の毛が何度も見えるので、髪の毛の質感が超リアルになっています。髪の毛1本1本描かれているといっていいほど表現がリアルになったので、髪の毛のサラサラ感がよく伝わってきます。

あと、髪の毛と同じく、マリオのチャームポイントであるヒゲの表現もリアルになっているので、「流石、ベテランのヒゲ!」と言いたくなってしまいます…。

作品によっては顔にヒゲがペタッと張り付いていて、全くヒゲ感がない(ヒゲ感ってなんだ?)ときもあるのですが、やはり開発者の方もこだわって作ってくれたようなので良かったです。

機能面も充実

ゲーム本編は本当にしっかりとした作り込みがされていますが、UIなどの機能面もしっかりとしています。

まずは、マップに注目してみましょう。

今作のマップは、旅を意識させるようなデザインになっており、両端にはその国ごとの名所や見所が書かれています。

なので、普段は意識をしませんが、細かい所を隅々まで調べてみると、色々な発見があって面白いんですね。

しかも、文字ばかりではなく、デザインと機能を両立したシンプルで使いやすいマップになっているので、知りたい事をすぐに調べることができるため、ゲーム本編に集中しやすいです。

本当に、「もっと細かい所に注目して!」と声を出したいほど、細かい所まで作り込まれていました。

さらに、プレイヤーがゲームを遊びやすいように配慮した設計になっています。

例えば、既に通過した中間ポイントをマップで選択すれば、一瞬でワープできたり、新アクションが使えるようになると新アクションについての説明のポップが表示されたりと、初心者でも楽しみやすい機能が充実していました。

しかも、今作で探し回る「パワームーン」の場所のヒントを教えてくれるキャラクターがいたりして、ゲームの完全クリアを目指すゲーマーにもやさしい機能があるので、初心者でもゲーマーでも楽しめるゲームとなっていました。

HD振動がとても活かされている

SwitchにはHD振動というリアルな振動が行えるようになったのですが、今作ではそのHD振動を最大限に活かした作りとなっています。

マリオが歩くと、歩く場所によって振動が変わったり、コインを取るとコツッといった固い振動になったりするなど、プレイヤー自身の操作で振動が変化する要素はもちろんあります。

ですが、注目してほしいのはその部分ではなく、HD振動が遊びに活かされているという所です。

ステージを歩き回っていると、ちゃんと注目しないと分からない程度にコントローラーが微妙に振動して、どんどん振動が大きくなったところでヒップドロップをするとパワームーンが出てくるというような、遊びに直接関係する部分にHD振動の要素が活かされているんです。

STEP.1
振動する
STEP.2
振動が大きい所でヒップドロップ

今までのゲームでは、あまり遊びに直接関係するところでHD振動が使われることはなかったのですが、今作のおかげでやっとHD振動の本領を発揮してくれました。

まとめ

今回はこんな感じで終わりたいと思います。

マリオシリーズは何十年も続いてきた長寿ゲームですが、新しい作品が出るごとに、プレイヤーを驚かせてくれる画期的な遊びが登場しています。

今作もその画期的な遊びが登場した作品の1つなので、色々な方に遊んでほしいと思います。

では、また次回お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。