【レビュー】「アストラルチェイン」そのデュアルアクションで世界を救え!

ども、まりおたび(@gamegeek_tb)です。

 

今回は、アトラスがSwitch向けに発売したアクションゲーム「アストラルチェイン」をレビューしていきたいと思います。

 

アストラルチェインは、あのペルソナやベヨネッタ、そしてニーアなどのゲームを開発してきた有名な会社なので、とにかくアクションに力を入れているなあと感じるゲームでした。

 

そして、近未来的な演出も多々登場するため、SF好きの方にもおススメです。

ペルソナ5のUIが格好良かったように、アストラルチェインは近未来を連想させるUI。流石アトラス。

概要

製品名:アストラルチェイン

対応機種:Nintendo Switch

ジャンル:3Dアクション

発売日:2019年8月30日

開発元:プラチナゲームズ

発売元:任天堂

CERO:C

 

Goodポイント

戦闘にかなり力を入れている

アストラルチェインは、先ほども言った通り定評のあるアトラスが開発しています。

なので、アクションゲームのかなめであるアクションは、どこにも負けないくらいしっかりと作り込まれていました。

 

今作のアクションで一番のポイントと言えば、主人公と相棒のレギオンが織り成すデュアルアクションです。

異世界から侵略してきたキメラから地球を守るというのが今作の全体的な目的なのですが、そのキメラを改造して、人が自由自在に操れるようにしたのが、レギオンなのです。

 

戦闘は物語を進めていると突然始まって、大体の場合は数的不利な状況に持ち込まれます。

そこで、レギオンの力を借りるのです。

 

レギオンは、主人公とは別で操作可能で、攻撃をしたい場合は敵に近づければ自動で攻撃をしてくれます。

なので、主人公とレギオンで同時に攻撃することもできますし、戦いはレギオンに任せて主人公を回復させるという戦略的な戦いが可能になります。

 

敵の量が多いと何が起こるのか。それは、プレイヤーの無双です。

ザコ敵を二人で蹴散らしていくこの快感。いや~、たまんないっス(笑)

 

主人公とレギオンを一人で操らなければいけないので、操作はかなり複雑になっているだろうなぁと思っていましたが、意外と簡単で爽快。

正直戦闘は、回避ボタンと攻撃ボタンを連打していれば、誰でも無双できると思います。

まあ、それで敵に勝てるとは言っていませんが。

 

さらに、ただ攻撃できるというわけではなく、主人公とレギオンを繋いでいる「鎖」を有効活用するのも、戦闘の面白い所です。

鎖で敵を縛って動きを止めたり、突進してきた敵を鎖で跳ね返したり、鎖を引っ張って大ジャンプしたり。

戦闘自体は簡単ですが、慣れてくるとこのようなカッコいいアクションもできるようになるので、戦闘の幅がグッと広がります。

 

近未来の演出

ゲームには、世界観の設定も物凄く重要。

アストラルチェインは、近未来という設定を細部までこだわっているんですね。

主人公の装備や、マップの背景、そしてメニュー画面等のUIなど、全て挙げるときりがありません。

さらに、このゲームには物語中に何度もムービーシーンが入るので、より深く世界観を堪能することができます。

特にすごいと思ったのが、マップの様々な所に細かい情報を映し出してくれる「アイリス」という機能です。

実際に見てみると分かりますが、近未来感がバリバリ出ていて興奮します(笑)

 

SF好きの俺は、アストラルチェインの世界観に魅了されてしまいました…。

 

演出をもっと豪華にしてくれるグラフィック

アストラルチェインは、グラフィックの面でもSwitchの性能を最大限まで活用していると感じました。

 

どこかのレビューでグラフィックが悪いって書いてありましたが、「これで悪いって、どんだけハードル高いんだよ!」と思わず心の中で叫んでしまうほど。

 

ムービーシーンでは、そのグラフィックの高さがうかがえます。

キャラクターの表情、激しいキメラとの戦闘、キャラクター同士の人間関係など、ムービーシーンのおかげでさらにゲームにのめり込むことができますね。

 

寄り道OK

物語は、基本最優先の仕事をこなせば、そのステージをクリアできるという仕組みなのですが、もちろん寄り道は可能です。

 

マップは入り組んでいて探索し甲斐があります。

 

例えば、それぞれのマップにはキメラによって汚染された場所に現れる「レッドマター」という物があり、それにレギオンを近づければ除去することができます。

除去すると、アイテムの購入に必要なお金をゲットできたりするので、色々なメリットがあります。

ちゃんと探索しなければ見つからないレッドマターもあるので、100%除去を目指して探索するのも面白いです。

 

他にも、本編のストーリーには関係のない依頼を受けることもでき、アイテムの回収やミニゲームなど、ちょっとした息抜きにもなりますし、もちろん報酬ももらえるので一石二鳥です。

 

さらに回復アイテムは、基本はマップ上のどこかにあるサプライケースからしかゲットできないので、半強制的に探索をしなければいけない場合もあります。

 

Badポイント

戦闘でストレスが溜まりやすい

先ほど、戦闘で無双できると言いましたが、無双できるゲームの欠点とは何でしょうか。

アストラルチェインでは、戦闘の面でいくつか改善しなければいけないと思ったところがあります。

  • ザコ敵が多すぎてストレスが溜まる
  • ある程度までは新しいアクションを楽しめるが、途中から単調な戦闘を繰り返すことになる
  • 敵が異常に固く、長期戦に持ち込まれがち

 

言いたいところは色々ありますが、特に気になったところは上記の3点。

 

まず、無双ゲームでありがちなことですが、ザコ敵がかなり多くて、毎回のように戦わなければいけないのですトレスが溜まります。

まあ、これは仕方ないことかもしれませんが、もう少し個性豊かな敵を増やしてほしかったですね。

 

そして重大な欠点は、アクションの幅に制限がかかり始めるという所。

途中まではレギオンの種類も増えていったり、主人公も様々なアクションを使えるようになったりと楽しめる所はありますが、そこからもう少し面白い要素が欲しかった。

中盤からは今まで行ってきたアクションの繰り返しになるので、ザコ敵の欠点と合わせて、かなりドシッときますね。

 

さらに、敵が異常に固いんです( ;∀;)

レギオンがいるのでまだマシな方かと思いますが、ボス戦では敵の残りHPに絶望することも。

ボスの固さに加え、ボスの攻撃力はえげつなく、終盤のボス戦は難易度を調整して簡単なモードにしなければ、すぐにゲームオーバーになります。

無双していたと思ったら、意外と無双できていませんでした。

 

まとめ

色々と欠点も含めていますが、個人的な総合評価としては神ゲー判定かな。

デュアルアクションに力を入れてくれていたので、その分ストレスは解消されましたね。

 

やっぱムービーが凄いですよ!

ラストの〇〇〇が〇〇して〇〇するあのシーンは、絶対に見逃せません!(ネタバレ防止)

SF好きの方や、無双しながらも洗練されたアクションを楽しみたい上級者の方にもおススメです。(もちろんアトラスファンも)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。