【悲報】ゲームの上手さは全て慣れで決まります

ども、まりおたびです。

突然ですが、ゲームは短時間で上手くなれると思っていませんか?

 

実はそんなことはありません。全て慣れで決まります。

なので今回は、何故ゲームの上手さは慣れで決まるのかを解説していきたいと思います。

スポーツと同じ

ゲームの上手さや実力は、スポーツと同じように身についてきます。スポーツだって、上手くなるには慣れが必要ですよね。

無限ループ🔁

上手い = 慣れている

慣れている = 何度も繰り返し練習した

何度も繰り返し練習した = 上手い

 

「何度も繰り返し練習した」から直接「上手い」に繋がるわけではありませんが、簡潔にまとめると上記のような無限ループになります。

 

スポーツ選手だって、上手いということはそのスポーツに慣れているということですよね。

つまり、自分がそのゲームに慣れているかを見極めれば、どれだけの実力があるのかが大まかに判別できるはずです。

 

ゲームの慣れの例

ゲームの慣れって言っても、どんな要素が重要なのでしょうか?

 

今度は、その慣れの例をお伝えしていきます。

 

コントローラーを見ずに操作可能

コントローラーを見ないでゲームを操作できるようになることは、当たり前の中の当たり前ですよね。

 

けれど、ここがかなり重要なんです

 

格闘ゲームの場合、様々なボタンを様々なパターンで押していきますよね。その時に、コントローラーを見なくても素早い操作が出来るようになっていなければなりません。

 

ここを完全にクリアしておかないと、次のステージに進めません。

 

ルールを完璧に覚える

あとは、ゲーム内のルールを完全に覚える必要があります。

 

大まかなルールは覚えても、ゲームによってはさらに複雑なルールも混じっているので、これを完璧に覚えるのも慣れが必要だと思います。

 

ルールを完璧に覚えていないと、思わぬところでミスをしてしまう可能性があるので、何度も練習をして、自然にゲームのルールに慣れていきましょう

 

最適な立ち回りに慣れる

格闘ゲームなどは、一瞬のミスも命取りになります。

なので、様々な場面に備えて瞬時に最適な立ち回りをする必要があるのです

 

スマブラだと、全然ダメージを受けていないのに場外に落ちてしまったら負けなので、さらに一瞬の判断が重要になって来ます。

 

立ち回りを慣れで体に覚えさせ、瞬時に最適な立ち回りをすることが出来るようにしましょう。

 

最後に

ゲームの上手さは慣れで決まるという話は、ここらで終わりたいと思います。

 

みなさんは、ゲームに慣れているでしょうか?慣れは何度も練習しているうちにゲットできる物なので、みなさんも諦めずにチャレンジを繰り返してみましょう。。

ゲームが上手くなる方法は「【経験済み】ゲームは上手い人の動きを見よう見まねで練習すると上達する」で紹介しています。この記事と合わせてお読みください。

 

では、また次回お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。