【スマホ】ゲームオタクが「Dr.Mario World」を遊んだ感想

早速配信開始された任天堂とLINEが共同開発したスマホゲーム「Dr.Mario World」の最初のステージをクリアしました。

 

なので今回は、ちょっと遊んだ時点でのレビューをしていきたいと思います。

簡単操作で細菌撲滅

今作のストーリーは、突如繁殖したウイルスを退治すべく、ドクターマリオたちが冒険するという感じです。

 

ストーリーモードは従来のスーパーマリオの様にコース制になっており、気軽に遊ぶことが出来ました。最初はストーリーモードしか遊ぶことは出来ませんが、1ステージをクリアすると全てのモードが解禁されるという仕組みになっています。

今までのDr.Marioは、ただウイルスを退治するだけでしたが、今作では一つひとつのコースごとに異なるギミックがあります。

 

コースを選択するとウイルスがいる縦長のマップに移動します。今までのDr.Marioと違うのは、自分の好きなときに薬を投入することが出来ることと、薬が下から上に向かって移動するという所です。

今まではドクターマリオが次々と薬を投げてくるので焦りましたが、今作では好きなときに下の方に表示されている薬をタッチすることで投入できます。

 

今まで通り、ウイルスは薬をぶつけて3つ同じ色が並ぶようにすると退治することが出来ます。

 

薬の位置はタッチ操作で簡単に動かせるので、素早い操作をする時でもあまりミスることはありませんでした。スマホゲームという事だけあってか、かなり簡単になっています

 

スムーズに遊べる

今作で新しく追加されたギミックは、一瞬で沢山のウイルスを退治することが出来るので、ストレスを感じることなくスムーズに進めらます

 

例えばコウラ。コウラはウイルスと同様で3色種類があり、同じ色の薬を3つ並べると横に動いてブロックやウイルスを一掃してくれます。他には3つ並べると爆発して周囲のブロックやウイルスを消してくれる爆弾もあります。

そして、主人公は「ドクターマリオ」の他に、「ドクタークッパ」や「ドクターピーチ」がいるのですが、それぞれ異なる技を持っています。俺はドクターマリオを選びました。

ドクターマリオは、必殺技を使うと一番下の段のブロックやウイルスを一掃してくれます。

 

課金は存在する

そして重要視されているのが課金システム。画像を見てもらえば分かるように、バリバリ課金制です。

正直このゲームは暇つぶし程度に遊ぶものなので、俺は絶対に課金はしません。見た感じ、あまり課金をしなくても遊べます(序盤の場合)

 

もちろん進めていくごとに課金しないと遊べなくなっている可能性もありそうですが、その時は俺は辞めます。

 

ライフも今は無限ですが、いつかは制限がかかって「何十分待たないと次のコースは遊べません」みたいな感じになると思うので、そこは残念なポイントです。

 

せっかく気軽に遊べるのに、無駄なところで時間を取られると遊ぶ気が失せますね。

 

ストーリーモード以外の遊び

このゲームには、ストーリーモード以外にも色々な遊び方があります。その中でも一番気になったのが、インターネットで世界中のプレイヤーと対戦する「VSモード」です。

ウイルスを退治して敵にダメージを与えて倒したら勝利という単純なルールで、この勝負に勝つとVSモードのレベルが上がります。つまりレート機能がこのゲームにもあるというわけです。

 

このモードなら無制限に遊べるようなので、暇つぶしに最適ですね。

 

最後に

今回はこんな感じで終わりたいと思います。

 

Dr.Mario World、意外と面白いです。なので、今後配信される予定の「マリオカートツアー」も楽しみにしていますよ。

 

では、また次回お会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。