「攻略本はゲームを楽しもうとしている人の敵だ」と思う3つの理由

最近、私はここ数年、攻略本を一冊も買ってないので、その理由を考えてみた。

f:id:GameGeek:20181227115324p:plain

あくまでも私(ゲームオタク)の考え方なので、そこを承知で読んでいただきたい。

 

この記事の内容は、全然役に立たないかもしれないが、一応目に通してくれると嬉しい。 ====

攻略本の良いところ

攻略本の良いところを、今のうちに話しておく。

まずは、ゲームの操作方法が詳しくかかれてあるところ(そんな必要にはならない)

ゲーム初心者には嬉しい物だろう。

次は、ステージの攻略法が書かれていること。

これも、ゲーム初心者には嬉しい。

ゲームに慣れていても、ステージ攻略が難しい時がある。

f:id:GameGeek:20181227115930p:plain

そんな時には攻略本は使えると思う。

f:id:GameGeek:20181227120125p:plain

あとは、ゲームをクリアした後に、攻略本を読み返して 「ああ~。こんな場面あったな~。」という感じで楽しんでも良いかもしれない。

買わない理由

ここからは、攻略法を買わない理由を、3つに分けて説明していく。

今のゲームはヒントあり

1つ目の理由は、今のゲームは昔のゲームに比べてメチャクチャ簡単だから。(例外もある)

最近のゲームでは、スーパーマリオ オデッセイ、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドなどがある。

f:id:GameGeek:20181227120343p:plainf:id:GameGeek:20181227120422p:plain

これらは、一切攻略本などのヒントなしでもクリアできる。(パワームーンや祠を全部見つけるときは、かなり苦労するが)

今のゲームは、ゲーム内にゲームを進めるためのヒントが、必ず隠されている。

それに比べて昔のゲームは、一切ヒントがない時も数多くある。

つまり、今の3DS・スイッチ世代の人から見れば、鬼畜ゲーが沢山潜んでいるということだ。

例えば、初代ゼルダの伝説のステージには隠し通路があるのだが、その場所のヒントは一切なく、ステージをくまなく探して行かなければならないのだ。

f:id:GameGeek:20181227121056p:plain

他には、初代「悪魔城ドラキュラ」がある。

このゲームの主人公は、スマブラSPに参戦したシモン・ベルモンドだ。

f:id:GameGeek:20181227121344p:plain

スマブラSP同様、ムチを使って冒険する。

で、ステージを進めていくと、あるカギが必要になるのだが、そのガキのある場所はヒントなし、ステージをムチで叩いて、壊せるところを見つけなければいけないのだ。

このようなゲームに比べたら今のゲームなんてちょろいもんだ。

だから、わざわざ攻略本を買う必要が、そこまでないのだ。

インターネットがある

これは、みんな納得いくのではないだろうか。

インターネットは、現時点で最強の情報収集場所だろう。

f:id:GameGeek:20181227122126p:plain

インターネットには、お金を払わなくても大抵の情報は入手することができる。

ゲームの進め方が分からなくなったとしても、ググればインターネットに攻略法がしっかり載っている。

たまーに載っていない事もあるので、そんな時には攻略本の出番だろう。

だが、インターネットに載っていないということは、攻略本にも載ってない可能性が高い。

なので、そこは注意が必要だ。

たまに、発売記念とかで、雑誌に昔のゲームの攻略方法などが載っていることがある。

それは、とても面白いことだと思う。

知ってしまうとつまらない

ゲームで一番怖いのが「ネタバレ」だ。

攻略本を買う人は、ネタバレを承知で買っているのかもしれないが、そうするとゲームを楽しめなくなってしまう。

ゲームは、ストーリー、音楽、ギミック、世界観、デザインなど、様々な事を一度に楽しめる、唯一の遊びだと私は思う。

けれど、自分が実際に体験するまえにネタバレなどで知ってしまうと、それに対する興味を失ってしまう。

考えてほしい。ストーリー、音楽、ギミック、世界観、デザインなどをほとんど知ってしまったゲームをわざわざ買い、最後まで遊ぼうとあなたは思うだろうか?

私は絶対に思わない。

ゲームは、本に様々な機能を足したもの。

ゲームは、一度に色々な情報を発信しているだけで、結局は決められた道を本のようにたどっていくのだ。

物語の結末を知ってしまえば、続きを再度見る意味がない。

攻略本は、ある意味「ゲームを楽しもうとしている人の敵」と化しているのだ。

最後に

そこまで根拠の無い話を最後まで聞いてくれてありがとう。(^.^)

この考えは、知ったところでなんの役にも立たないかもしれない。

けれど、私はゲームというものを、心から楽しんでほしいと思い、この考えを文章にして表した。

この考えがみんなに伝わり、みんなが本当のゲームの楽しみかたを知り、みんながゲームを楽しんでくれれば、私は嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。