【Switch】フォートナイトでモンハン持ちをおススメする理由

ども、tabitoだ。

 

今回は、Switch版フォートナイトでモンハン持ちをするメリットを紹介していきたい。

ジャンプ撃ちが狙いやすい

正直、モンハン持ちにするメリットはこれくらいしかないと思う。だが、ジャンプ撃ちがやりやすくなると一対一の勝率がグンと上がるため、ぜひこのことは知っておいてほしい。

 

Switchのモンハン持ちは右手だけだ。なので左手は

  • 中指→ZLボタン
  • 人差し指→Lボタン
  • 親指→Lスティック

という通常の指の置き方になっている。

 

一方右手はモンハン持ちのため、

  • 薬指→ZRボタン
  • 中指→Rボタン
  • 人差し指→A・B・X・Yボタン
  • 親指→Rスティック

という、少し独特な指の配置になっている。

 

この持ち方をするとジャンプ撃ちが当たりやすくなる。通常の持ち方だと、ジャンプボタンに親指が置いてあるせいで、Rスティックでエイムをすることができない。だが、この持ち方ならジャンプボタンを押しながらエイムをすることができるのだ。

 

俺も通常もちからこのモンハン持ちに変えた時は少し戸惑うことがあったが、数時間練習したらすっかり馴染むことができた。だから、一旦クリエイティブモードなどで操作に慣れておくのがおススメだ。

 

モーション操作を有効にしている方へ

Switch版のフォートナイトには、Switchの特権としてモーション操作(ジャイロ操作)をすることができるのだが、このモーション操作を有効にしている人がモンハン持ちに変える必要は、ほぼない。

 

モンハン持ちにする理由は、ジャンプをしながらエイムをすることができるようになるためだ。だが、モーション操作はコントローラーを傾けるだけでエイムをすることができるため、Rスティックに手を置く必要はない。だから、モンハン持ちにしても意味がないのだ。

 

このモンハン持ちは、あくまでもモーション操作を使っていない人におススメしている持ち方だ。その点は注意していただきたい。

 

まとめ

今回はこんな感じで終わりたいと思う。

 

モンハン持ちを使うと、完全に世界が変わる。今までジャンプ撃ちが一切当たらなかった俺でも、ジャンプ撃ちでヘッドショットが狙えるくらいだ。

 

「たかがコントローラーの持ち方だろう。」と思っている人はもったいない。指なら自由自在に動かせるはずなので、暇があったらモンハン持ちにチャレンジをしてみると良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。