【評価/感想】『ARMS』いいね持ちは面白いけどすぐ飽きる

ども、ざいりょーです。

 

今回の目玉となる「ARMS」は、腕を前に出したり引いたりするなどの直感的な操作方法で、一時期話題になっていました

が、最近は人気がパッタリとなくなり、その名を聞くことはありませんでした

そんな中、「ARMSのファイターがスマブラSPに参戦する」ことが発表されたため、「いっせいトライアル」という企画の期間中は、無料で「ARMS」を遊べるようになったりと、少しだけ熱を取り戻したんです

 

ですが、結局「ARMS」の熱は冷めてしまうと考えています

なので今回は、「ARMS」の人気が再度なくなってしまうと思った理由を、みなさんに説明していきたいと思います。


任天堂自身が「ARMS」を見捨てた

まず、第一の理由として、このゲームのアップデートがストップしてしまったからです

発売されたときは、新ファイターが続々と追加されたり、大会なども開かれていたのですが、今では新ファイターなどは追加されていませんし、大会も開かれていません

なので、結局「ARMS」の人気が途絶えてしまった理由は、任天堂がこのゲームを見捨てたからなんです。

しかも、今回の「いっせいトライアル」の期間が過ぎたとしても、おそらく新ファイターの追加などはないでしょう

だから、俺はこの「ARMS」の人気が再度なくなってしまうと思ったんです

さらに、今までは新ファイターが何体か追加されていたから、一定期間人気を保つことができたのかもしれませんが、「いっせいトライアル」が終わった後に新ファイターが追加されることはないと考えられるため、今まで以上に急激に過疎ってしまう可能性もあるわけです。

腕が伸びるという発想までは良い

次の理由としては、戦闘が単純すぎることです

このゲームには、腕が伸びるという斬新な要素があるのですが、ぶっちゃけ斬新な要素はそれだけなので、戦闘はかなり単純です。

ジャンプとパンチとガード、掴み、そして必殺技があるだけで、ただの殴り合いです。感覚的には、立体的になったスマブラの劣化版のような感じ

左右のアームの種類を変更することで、パンチを当てた時の効果などが変化しますが、それでも物足りません。

それぞれのファイターにつき1つだけ、特殊な技が使えますが、攻略法や立ち回りが変化するかと言われると、なんとも言えない感じです。

もしも、スマブラのように、それぞれのファイターごとに何種類もの特殊な技が使えたら、奥の深い戦闘が楽しめたかもしれません

1人用モードは絶対に手を抜いてはいけない

3つ目の理由としては、1人用モードが充実していなかったことです。ここは、手が抜かれていると言ってもよいでしょう。

格闘ゲームでは、1人で遊んでいても、本物のプレイヤーと戦っているような動きをするAIと戦えたり、その他にも色々なモードがありますが、「ARMS」は1人用モードのボリュームがあまりにも少なすぎました

まず、AIと戦うオフラインモードでは、AIがあまり賢くないため、白熱した戦いは楽しめません

ここが物凄く残念です。

そして、1人用モードの「グランプリ」は、トーナメント形式でAIと戦い優勝を目指すのですが、優勝した時のご褒美などが微妙過ぎるため、2回くらい遊んだら飽きます

まあ、それでも俺は全ファイターで優勝したのですが、全ファイターで制覇した感想としては、何度も言いますがめっちゃ飽きやすいです(笑)

「ARMS」のファイターには、それぞれのバックストーリーが細かく設定されているので、「もっとストーリー重視のモードを作れたのでは?」と疑問に思っています。

オンライン対戦が有料になったから

最後の理由としては、Nintendo Switch Onlineに加入しないとオンライン対戦ができなくなったからです

「ARMS」が発売された時は、有料サービスのNintendo Switch Onlineが開始されていなかったので、無料でオンライン対戦を遊ぶことができました

ですが、2018年の9月辺りにNintendo Switch Onlineのサービスが開始され、お金を払ってサービスに加入しないとオンライン対戦を遊べなくなったため、プレイ人口が減りました

さらに、アップデートが行われなくなり、オンライン対戦を諦めて1人用モードを遊んでいたプレイヤーも飽きてしまったことなどが重なり、急激に人口が減りました

スプラトゥーン2の場合は、サービス開始により人口が減ってしまったかのように思えましたが、そもそもの人気があったため、Nintendo Switch Onlineのサービス開始後も人気を保つことができました

「ARMS」も、このNintendo Switch Onlineのサービス開始の波を乗り越えられるくらいの人気があれば、もっと良い未来が待っていたかもしれませんが、新規タイトルだったこともあり、スプラトゥーン2のような人気タイトルにはなれませんでした

まとめ

ここまで、色々と「ARMS」のダメな所を語ってきましたが、友達と家で遊ぶ時などはかなり楽しめます

操作も直感的なので、一度も遊んだことのない人もすぐに一緒に楽しむことができますし、そもそも格闘ゲームなので、みんなでワイワイ盛り上がれます

色々と残念な所がある「ARMS」ですが、「いっせいトライアル」や「スマブラSP参戦」などのきっかけで、また人気が出てきてくれると嬉しいです

 

では、また次回お会いしましょう。

今回紹介したゲーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。